電気治療

電気治療とはどんな治療方法?

痛み・痺れ・関節の拘縮など症状回復のために行うことで治癒力を高める治療です。干渉波は、周波数の異なる電流を体に流すと、体の深部でぶつかり合い、低周波の刺激が発生します。

電流同士がお互いに干渉することから「干渉波」と言い、この原理を利用したのが干渉波治療器で、慢性的な肩こりや腰痛などに利用します。超音波は、血行を改善し痛みを和らげる働きや、筋肉の収縮機能を改善したり、緊張をほぐしたり、微細振動で細胞膜を活性して炎症の治癒を向上させたり、細胞組織液の運動を活発にしてむくみを軽減したりします。低周波は、+極と-極があり、2つの電極を体に付けて電気を流します。+極からの通電は、神経を興奮させ、麻痺した神経や筋肉を活発にします。
そして、-極からの通電は、神経を鎮静させる作用があります。症状に応じて、これを繰り返すことで、筋肉の働きを回復させ、痛みを和らげます。このように電気治療で症状を軽減させることができます。

電気治療で改善が期待できる症状

神経に刺激を与え痛みの緩和、痛みを鎮静化させる作用、筋肉への刺激による快適マッサージ、コリによる痛み、筋緊張の緩和や関節内の潤滑に効果、骨折の後療、など。

マックスの電気治療の特徴

当院では、しっかり問診したうえで症状にあった、干渉波、超音波、レーザー、SSP、低周波・MCR(微弱電流)・コンビネーション(ハイボル+超音波)などの電気治療と手技治療との両方を用いて施術していきます。

電気が苦手な方には行いませんので、問診時おっしゃってください。

当院おすすめメニュー

お近くのマックスグループ

すまいる整骨院

すまいる整骨院

公式SNSをフォローするといいこと

  • 診療時間の変更がわかります
  • リラックスコースの空き情報がわかります
  • キャンペーン情報などいち早く入手できます