テーピング

テーピングをする大切さ

ケガの予防や悪化を防いだりするために筋肉の動きをサポートする貼り方、関節を固定するような巻き方、出血や痛みを抑えるために患部を圧迫する巻き方などがあります。

テーピングは、症状に合わせて、ケガの予防や症状の悪化を防いだり、痛みを和らげるための治療法として取り入れられています。

テーピングによる効果

捻挫・靱帯損傷・脱臼などは、その部位が正常な可動範囲を超えてしまった結果起こるケガのため、テーピングによる可動範囲の制限をする効果があります。

ケガをして弱くなった関節や筋肉、靱帯、腱などにテーピングをすることにより、その部位の補強になりケガの再発予防になります。

過去の受傷部位を補強・保護することもできます。

マックスのテーピングの特徴

当院では、固定や保護、補強のためのテーピングを、症状に合わせて施術しております。

キロテープは、マイクロファイバーを使用したキネシオテープで、通気性がよく汗や水に濡れても伸縮性が変わらずに、長時間テンションを維持でき肌が弱い方にも安心して使用できるテーピングを使っております。

キネシオテープの役割は、貼った状態で皮膚を持ち上げて血流やリンパの流れを良くするもので筋肉の動きをサポートし、アスリートや日常生活を補助する目的で使われます。

当院おすすめメニュー

お近くのマックスグループ