骨盤のいたみ

骨盤のいたみによくある症状

  • 産後、腰痛が酷くなった

  • 左右で靴底の減り方が違う

  • 冷え、便秘、生理痛

  • 椅子に座ると脚を組んでしまう

  • 左右で肩の高さが違う

  • 立っている時、どちらか一方の脚に重心を置く癖がある

骨盤がいたむ原因とは?

骨盤の痛みは、「靭帯の損傷」「関節の損傷」を指します。
骨盤は体幹と二本の脚を結ぶ土台となる重要な場所で、大まかに仙骨と左右の腸骨が集まり構成しています。

左右の腸骨と真ん中の仙骨で「仙腸関節」を形成しており、骨盤の痛みや骨盤のゆがみは主にこの「仙腸関節」で起こります。

上半身と下半身を結ぶ骨盤・仙腸関節には靭帯で結ばれいます。
この骨盤の補強がしっかりされていることで、骨盤が安定して身体を動かしたり支えたりすることができていますが、常に偏った体重が加わり続けると仙腸関節に捻じれや傾きが生まれ、骨盤の痛みや骨盤のゆがみが生まれてしまいます。

骨盤のゆがみや痛みの原因は、姿勢や座り方や体重のかけ方など様々です。

・椅子に座るときに足を組む

・横座りや正座を崩して座る

・偏った体勢で座っている

・いつも同じ足に体重をかけて立つ

このような習慣に身に覚えのある方は気をつけるように心がけましょう。

骨盤の痛みには段階があります

骨盤の痛みの大きな特徴として動作時に骨盤が痛むということがあげられますが、その中でも骨盤の痛みの重症度は3つに分けられます。

・骨盤の痛みの重症度:小

「硬い床に座ると尾骨が痛い」「体勢を変えるときに骨盤が痛い時がある」などの症状が特徴です。
軽い症状だし様子を見ていたら消えるかも?と思ってしまう方も多いです。
しかし、悪化してしまうとなかなか改善しなくなるのでこの段階にきちんと治療することをおすすめします。

・骨盤の痛みの重症度:中

「座ると尾骨が痛い」「歩き始めに骨盤が痛い」などの症状が特徴です。
立ち上がる時も骨盤をかばう動作になるため、骨盤の痛みで治療を受けている方の大半はこの時期に当てはまります。

・骨盤の痛みの重症度:大

「尾骨が痛くて座ってられない」「骨盤の痛みで寝返りが打てない」などの症状が特徴です。
「靭帯」や「関節」など患部の炎症反応が強く、骨盤が使えない=機能障害が強く出てます。

特に腫れが強いとこの状態になり、改善されていくのも時間がかかりやすくなります。

当院の施術が骨盤のいたみに最適な理由

骨盤は、身体のほぼ中心にあり、日常の様々な動きに大きくかかわっています。
骨盤の役割は上半身と下半身を繋いでいて、体全体のバランスを保ち、「立つ」「座る」「歩く」の日常の動作にも関係しております。

骨盤が歪むことにより全身のバランスが崩れ、背柱や腰椎など骨盤と直接繋がっている部分は特に影響を受けやすく、腰痛や坐骨神経痛などを発症すると、日常の動作も自由にできなくなります。
当院では身体全体のバランスを観察し、症状の改善するお手伝いをさせて頂いております。

骨盤の施術に関するよくある質問

Q.骨盤矯正の治療に保険を使えますか?

A.健康保険の適用範囲外となります。またそれ以外の痛みに対しても、外科や整形外科などで治療を受けながら整骨院に通う場合は保険適用外となりますのでご注意ください。

Q.何回くらい通うと楽になりますか?

A.どれくらいの期間、どのような場所を痛めていたか、慢性のものほど時間はかかります。急性の腰の痛みや首の痛みは、早期の適切な処置を行えば早く楽になります。また、生活習慣や仕事などでつらい部分にどれくらい負担が加わるかによって変わってきます。

Q.産後の骨盤矯正もしてもらえますか?

A.産前・産後のママさんたちも施術できます。骨盤矯正といってもグキッと無理に強制するわけではありませんのでご安心ください。身体全体のバランスを観察し、筋肉をメインに施術を行います。

Q.産後1年以上腰痛が治らないのですが治療してもらえますか?

A.はい大丈夫です、産前・産後と育児でかなり身体に負担がかかっていると思います。全体的な身体のバランスを整える施術を行っていきます。

 

当院おすすめメニュー

お近くのマックスグループ

すまいる整骨院

すまいる整骨院

公式SNSをフォローするといいこと

  • 診療時間の変更がわかります
  • リラックスコースの空き情報がわかります
  • キャンペーン情報などいち早く入手できます